作業マニュアル

HOME作業マニュアル|定期清掃

総数6件 1 2 3

1.準備
@材料および機器用具類を用意する
A カーペットシャンプー液の必要量を容器に準備する

2.什器備品の移動
@ 作業の邪魔になる品物を移動する。 椅子、軽い備品などを移動する

3.作業表示板を立てる
@ 作業表示板を見やすく邪魔にならないところに立てる

4.除塵
@ 真空掃除機で全面吸塵する

5.しみ取り
@ しみの種類を識別して特殊なしみや重度のしみを取る
A 固着物が付着している場合はパテナイフにて取り去る

6.エクストラクション方式による洗浄
@カーペット表面に前処理剤を散布する。汚れの程度に合わせて散布量を調整する。
Aカーペット用 エクストラクターを用いて洗浄液を噴射し、同時に汚水を回収する。
B汚れが著しい箇所(出入り口付近など)は、噴射、回収を繰り返して行う。

7.ボンネット方式による洗浄
@ カーペット表面に前処理剤を散布する。汚れの程度に合わせて散布量を調整する。
Aポリッシャーにボンネットパットを設置し汚れを除去する。
B コーナー部分や機械の届かない部分は、ハンドブラシで洗浄するC 後退しながらムラのないように洗浄する。
D汚れの状況にあわせてボンネットパッドを交換する。

8.しみ取り
@ 洗浄後もシミが残っている場合は、再度シミ取りを行う。

9.起毛
@ 起毛ブラシでパイルが乾燥しないうちに起毛する
A パイル目に対して、逆毛になるように起毛する
Bパイルは一定方向に起毛し、抜け毛などを取り除き、足跡を残さないように後退しながら行う

10.乾燥
@ 窓の開放、送風機などを使用して乾燥を早める

11.什器備品を戻す
@ 先に移動した物品を元の位置に戻す

12.検査
@ 仕上がり状態に不具合はないか確認する。
A 壁、什器備品等に汚水が飛散していないか確認する。
B 移動したものが元の位置に戻されているか確認する。

1.準備
@ 器具類を用意する。
A 洗浄液を用意する。
B作業を開始する前に周囲の安全状況を確認し、必要な場合には作業中立て看板を設置する。
・高所作業を行う場合は、安全マニュアルの内容に従う。

2.ガラス面に水または洗剤塗布する。
@ ガラス面に水又は洗剤をたっぷり塗布する。
A 手の届かない箇所は延長ポールや脚立を使用する。
B固着物がある場合は、パテナイフを利用して除去する。(ガラス表面を傷付けないように配慮すること)

3.ウィンドウスクイジーを使う。
@ スクイジーで汚れを切る。
A スクイジーをタオルで拭く。
B 窓枠に汚水などが垂れた場合はをタオルで除去する。

4.検査
@ 拭き残しはないか。
A 隅までスクイジーは届いているか。
B 窓枠に汚れが付着していないか。

5.後始末
@ 床にたれた汚水を拭く。
A 用具を水洗いする。

総数6件 1 2 3

清掃のプロが認めた強アルカリイオン水

清掃・設備管理 作業事例集

作業マニュアル

清掃管理Q&A

見積り無料!定期清掃・設備管理の見積り依頼はコチラから!

管理費コストダウンを真剣にお考えの方へ

清掃お任せnet

サイト運営:株式会社東建社

〒190-0013
東京都立川市富士見町1-15-5

042-521-3310
営業時間 8:30〜17:30
定休日 土日・祝日
※作業は休日も対応出来ます!
対応エリア
立川市を中心とした東京エリア全域、埼玉、神奈川エリア

会社案内